瞑想時の雑念について

瞑想を始めたばかりの頃、雑念だらけで「本当に瞑想できているのかな?」と思っていました。

 

師匠からも瞑想を教わったのですが

私の師匠は昔の方なので説明が簡潔なんです…。

 

以前、「わかりやすい本が増えた」と書きましたが

同様に「説明を詳しくする講座が増えた」と思います。

わかりやすい講座が増えたと思うのです。

 

良いことなんだと思います。

それとやっぱりこれも時代の流れなんでしょうね。

でも、ちょっと怖いですけどね。私は。

 

師匠はポイントだけすごくシンプルに言って後は基本、放置でした。

だから

これ何の目的でやるのかな?

何の意味があるのかな?

どういう理屈なのかな?

と疑問に思ったら自分で考える、調べるしかなかったんです。

 

聞けば良いじゃん!

いやー それができるような気さくな感じの方ではないので…

ま、そういうこともあり仮説を立てたりとはいっても

知識がなさすぎると仮説すら立てられないので、たくさん本を読んだり…

いろいろしました。

 

面倒に思ったりもしましたが、自分が「何で?知りたい!」って思ったんだから

自分で考える。調べる。当たり前といえば当たり前。

こういう経験もためになったなぁって、時間が経ってから思います。

 

すみません。話が逸れました。元に戻します。

瞑想の雑念についてでしたね。

瞑想を始めたばかりの頃は仕方ありません。

そういうものです。

 

なので「雑念」が浮かんできたら

どうするか?

追いかけないことです。

 

雑念が生じること自体は問題ありません。

自然なことです。

いきなり無念無想にはなりません。

最初の段階で目指すのは

雑念を追わない!ということです。

 

これが思考の訓練になります。

どんな訓練かというと

自動再生される過去の嫌な出来事をとめる!訓練です。

雑念を追わない!ということができるようになると

日常生活の中で、無意識に頭の中で再生される

どうしようもない思考を止めることができるようになります。

これだけでも世界を変える効果があります。

 

思考が現実を創っています。

そのネガティブな思考を減らすことができるんです。

嫌〜な出来事が少なくなります。

簡単な瞑想、初歩の瞑想でも十分、現実を変えるチカラがあるんです。

この目的のための瞑想なら10分でも十分です。

こまめにできたら最高です!

 

Follow me!