過去の後悔から抜け出すための言葉

なぜあの時、あんなことをしてしまったのだろう?

もし戻れるならやり直したい。

過去にはたくさんの後悔の他に

悲しみ、怒り、憎しみなどがあったりします。

それは自分へ向けるものだったり

家族や友達、恋人だったり上司や部下だったり

対象はいろいろです。

 inkswamp

でも結局、過去の出来事は過去の出来事でしかない。

確かに存在します。

でも過去に存在していただけで

今、現在は存在していないんですよね。

頭の中で再現しているだけなんです。

それなのに

繰り返し、繰り返し、その時の出来事を再現する。

ああした。こうした。

あんなこと言われた。こんなこと言われた。とかね。

冷静に考えるとすごく無駄なことなんですよね。

だってただの記憶でしかないから。

いやいや。その記憶に苦しんでるの。

忘れられたらどんなに良いか…。

そうなの。

忘れられたら良いよね?そう思う。

私もそう思っていた。

それで気づいた。

忘れたいのに忘れないでいるのは自分なんじゃないか?って。

忘れたいなら思い出さなければいいのに

なんだかんだ理由をつけて思い出しているのは自分。

思い出すことを選択しているのは自分なんじゃないか?

わざわざ苦しくなることを選択しているのは自分じゃないか?

どうだろう?

苦しい思い出を忘れないでいることのメリットはなんだろう?

何度も思い出して何度も考えるのはなぜだろう?

思い出さなくなったらどうなるだろう?

考えなくなったらどうなるだろう?

ちなみに私は

思い出しても苦しいだけなら思い出すのやめよう。

メリット?そんなのないなー。

考えてもしょうがないことだなぁ。

もう確定していることだしね。

考えなくなったら、その分の時間を違うことに使える。

あらら?なんて無駄なことをしていたのかしら?

軌道修正しよっと。

こんな感じ。

それからはふと思い出したら

「あれでよかった」とか

「あの時の最善だった」とか

そんな言葉を過去の出来事に向けて言っています。

前にも書きましたが

現実と戦っても勝てないんです。

相手は神様のようなものです。

絶対だから。

どんなに頑張っても勝てない。

だったら否定してもしょうがない。

おとなしく受け入れるしかない。

だから

「あれでよかった」

「あの時の最善だった」って思うことにする。

もし最善と思えなくても

それは今の自分が成長したからそう思えるだけ。

過去の自分では他の行動を選択しなかった。

それなら今の自分を褒めたらいいと思う。

成長したなぁって。

 

Follow me!