人と自分を比べて落ち込んでしまう時

当たり前の事ですが

人はモノではありません。

当たり前ですね。

条件とか

他にもスペックとか

いろいろ別の言い方をするみたいですが

全部、ありえません。

人が皆、平等とは言いません。

不平等な事の方が多いです。

他の人を羨ましいと思う事も時々あります。

でも

自分以外の人になりたいか?

と問われたら

Noです。

私はワタシが良いです。

そして

あなたはアナタが良いです。

お金持ちなのね…

主人はそうみたいね。

頭が良いんだね。

IQとか偏差値とかは高い方みたいだね。

でも

それが何だろう?

だから何なんだろう?

価値観の違いと言われればそれまで。

ですが

人が優れているかどうか

人が魅力的かどうかって

お金でしょうか?

成績や学歴でしょうか?

容姿の美しさでしょうか?

そう思う人もいるでしょう

でも

そう思わない人もいる。

私の場合

私ができない事ができる人

私が持っていないものを持っている人

わぁすごいなぁ

と思います。

私ができる事ができない人

私が持っているものを持っていない人

今はそうなんだな。

と思います。

それだけです。

どの人も

その人の素晴らしいところがあって

どの人も

素敵☆な人です。

いろんな可能性があるすごい人です。

もし

自分以外の誰かに

何かと比較して劣っている

というような事を言われ

傷ついてしまったら

「今はね」

この先もずっとかどうかはわからないよ。

「そうかもしれない。」

その人にとってはね。

でも

他の人にとっては違うかもしれないし

その人の言う事が

真実とは限らない。

Follow me!

トップへ戻る