浮気も不倫も過去は必要なものだったらしい

「浮気も不倫もかまわない。」

私と主人のルールの一つです。

付き合っている時から「浮気してもかまいません。」と伝えています。

その代わり条件はいくつかありますけどね。

不倫も浮気もしてかまいません。

でも

絶対に私と息子を粗末に扱わない事。

父親としての役目を果たす事。

不倫・浮気相手の女性を傷つけない事。

結婚したがっている方だったら私と別れてから付き合う事。

別れる気がないのなら最初に相手に伝える事。

以上!

この条件を全て満たすならOKです。

ちなみに私は浮気も不倫もしません。

あまり興味がないんです。昔から恋愛には。

興味は他にあります!!!

それにね霊感のせいか

浮気すると知りたくなくても隠しててもわかるんですよ。

夜中に目が覚めます…。浮気したな…って。

で、もうそっちに気持ちがいってることもわかる。

友達の彼もそう。

あぁー浮気してるな。他に3人いる…とかね。

こんなことを何回か経験すると諦めの境地?ですよ。

仕方ないってね。

幸いにも恋愛に執着がないので修羅場の経験はありませんし

たいしてダメージも受けないのです。

それに不倫も浮気も必要なものだったのかな?と歴史を知ると思います。

例えば跡取りの問題。

正妻、側室というとある程度の身分の方ですが一般の方だと妾という表現をするのでしょうか?

正妻との間に男の子が生まれなければ困る家もあったんですよね。

だから側室、妾さんに男の子が生まれると悔しいけどほっとする。みたいな…。

日本の天皇家が特別な扱いを世界から受けている理由の1つに

日本の歴史上女系の天皇が存在しなかったからというのがあるそうです。
(女性の天皇と女系の天皇は別の意味になります)

日本だけなんだそうですよ。

ちょっと話が逸れましたね。元に戻します。

浮気・不倫は隠すほうも大変でしょうから

かまいませんよ。って言う事にしたのです。私はね。

たいていの男の人はびっくりします。

でも喜びます。

男の気持ちがわかるなぁって。

で、実際浮気されるの?

それがしないんですよ。

していいよ。って言うとしないのかな?

宣言するようになってからは1度もないのです。

だから不思議に思って聞いてみました。

そしたらね

浮気してもいいです。

そのかわり私を大事にすること。って言われたら

大事にしなければ別れるってことでしょ?

別れたくなかったら浮気しない。それだけだよ。

だそうです。

ん?ん?ん?

なんだそれは???

だから宣言されちゃってるから

大切にしなかったら別れるよって。

そうなんだけど

それがどうしてそうなる???とわからーーーーん

と思ったのですが要はこういうことだ。

浮気かまわない宣言から受けるのは

自分への絶対の自信。

なので

この女の人は粗末に扱ってはいけないのだ

ということらしい。

別に浮気してもいいわよ。

私を雑に扱ったら他の男の人がいるもの。

そっちに行くわ。

という風に受け取るってことらしい。

意図していないけど

自分への自信っていうか

私の場合は他に男の人がいるとかじゃなくて

他に興味はたくさんあるってことなんですけど…。

結局、起こったら嫌な出来事もどーんとこい!みたいな

自信?覚悟?は強いのですね。

だから

失ったら怖いというものがあったら

失っても大丈夫なように自分を整えておく。

で、どっちでも大丈夫!にしておくと良い。

自信とか覚悟、決意って想像以上に現実を動かしますよ。

Follow me!

トップへ戻る