やっぱり人生は笑ったもん勝ち

私は学生時代、テストに出るところがわかる人でした。

受動的ではあったものの透視、霊視能力が発現していたようです。

授業中は寝てばかりいたのでノートをとらず、

けっこう早退(学校近くの神社でぼぉーと)していたので

先生にはダメ生徒と思われていましたが、定期テストでは全ての科目で90点以上だったので

普通に勉強はできるようだからほっとくかみたいな感じで容認されていました。

ちなみに受験の時の全国模試だと偏差値は65〜73くらいでした。

9割以上わかる時は、まぁまぁできたと思いますが

それ以下だとわかる、解ける感じがしなくて気分が悪かったです。

でも仕方ありません。

問題を作る人がわからないとどこがでるのかわからないのです。

そんな感じだったので

どうしてそんなに良い点が取れるの?と友人に聞かれました。

「どこがでるかわかるから。」と答えると信じてくれません。

そこでどこがでるか教えました。

結果は全員80点以上でした。

すげぇ!本当にでた。(男の子なのでこういう言葉遣い)

マジでわかるんだ!等、感動していましたがなんで出るところ教えたのに80点なんだ?

80点って大丈夫なのか?と思ってしまいました。

実は私、90点未満の点数をとると殴られ、蹴られ、両手を縄で縛られ外に引きずり出される

という仕置をされていたので、どーしても全科目で90点以上取らなければいけなかったんです…。

その時、初めて知ったのです。

他の家の子は90点とらなくてもお仕置きがないということを。

実は私、他の人もみんな90点以上とっていると思っていたんです。

あーれー???

そんな良い世界があるの?

良いなぁ。と思いました。

私だって80点とか楽したい。って。

出るところがわかるといっても、90点以上取るためには出るところを覚える必要があります。

全科目なのでけっこうたくさんあります。

残念ながら私は凡人なのでしんどかったです。

手を抜きたかったです。

でも私の最終目標は身の安全、つまり全科目90点以上なので

でるところほぼ全て覚える必要がありました。

ええ、大変です。

でもやらないわけにはいかないのです。

殴られたくないし

蹴られたくないし

春、秋はともかく夏や冬に両手縛られて一晩中外にいるの嫌です…。

というわけで

最小の努力で欲しい結果を得られる方法を考える!という癖みたいなのがこの時につきました。

よくよく考えたらこれのおかげで視える、わかる人になったのかも?とも思います。

臨死体験をすると不思議な力が…っていうあれです。

確かに死の恐怖?みたいなものは感じていたかもしれません。

当時は本当に怖かったけど今は笑えます。

90点未満は殴る、蹴るっておかしいよね?って。

言いなりに、されるがままにしていた自分おかしいよね?って。

笑います。当時の自分を。

抗議すればよかったのにねぇ。

あ、でも話の通じる相手じゃないかも?

じゃあ、やっぱり良かったんだ!

そんなこともあり、私は理不尽なことも後になって笑えるかもしれないから

やっぱり今、良い気分になる思考を選択しよう!って思います。

これは私の経験ですが人それぞれ、その人の経験ってありますよね。

それをどう解釈するかは自分次第。

人生、笑ったもん勝ち〜かもしれませんよ??

Follow me!

トップへ戻る