成果を出す人から学んだ極意

私は面倒なことが嫌いです。

そして無駄なことも嫌いです。

面倒なことと無駄なことが嫌いな自分を観察していると、葛藤する場面が多々生じます。

どういう時か?

何かを成し遂げたいと思う時です。

何かを成し遂げたいと思う。

ということは現在、それはできていません。

現在の位置ではそれを実現できないということですね。

だから移動します。

移動するためには、私の「何か」を変える必要があります。

何も変わらないままでは ずっとこの位置にいるか、落ちていくだけです。

(なぜ落ちていくかということはまた別の機会に書きます)

何かを成し遂げたいので、この位置ではない場所を目指して

今の自分を変えていきます。

自分の何を変えるか?

行動、思考、在り方 

まぁ いろいろです。

でも、「変える」というのは面倒なことです。

今は「楽にできることの集合体」だから。

楽にできる、つまり「慣れている」と言い換えられます。

決して悪いことではありませんよ。そこのところは誤解なさらないでくださいね。

慣れていることは自動化できます。

特に意識しなくても自動でできます。

だから楽ですね。

意識しないということは労力が少なくて済みます。

(省エネモード。効率化という点で良いことでしょ?)

だから「何かを成し遂げたい」と思うと、面倒なことがたくさん生じます。

正確には生じるのではなく、

慣れないこと、面倒なことをしなければ成し遂げられないからやらざるを得なくなります。

そこで葛藤が生じるのです。

あーめんどくさい…めんどくさいの嫌い。嫌だー

でも、私は成し遂げたいことがある。

今日だけ休もうか。

やったところでできるかどうかわからないし…  みたいにね。

この仕事をしていると本当にいろんな人に出会います。

(自分と全く同じ人はいないので様々な思考、在り方などを知ることができます。有難い。)

悩んでいる方が多いのですが

時々、悩んでいるのにとても積極的といいますか明るい?元気な人がいるんですね。

お話を聞くと、確かに悩んでいるのですが 止まっていないんですよね。

悩んではいるけれど 解決、改善、進歩に向けて進んでいる。

とてもエネルギッシュな感じです。

私だったら面倒くさくて できないわーというようなことを

さらーっとやっちゃうんです。

本当にすごい!と思います。そして、会うたびにすごくなっている…

もう一つ、気づいたこと。

その行動、努力が実るかどうかということにあまり焦点を当てていない。

もう 決めたから。

あとは やるのか?やらないのか?

成果を出す人って

決めて やる。

決めて 行動する。

決意して全力で取り組む。

これ無駄な努力かも?なんて考えていたら全力でできませんものね。

そういうのを見ていたら

やっぱり、決めたらやるしかないんだよね…と思うようになり

相変わらず、面倒くさがりな部分はありますが 行動するようになりました。

これ無駄になるかも?と思うこともありますが

無駄になるかも?ではなく、必ず何かの役に立つと決めてしまえば良いんですよね。

決意したら行動する。

極意なんて書きましたが、知ってしまえば当たり前のことです。

当たり前のことですが、その当たり前がなかなか難しい。

精進します!

Follow me!

トップへ戻る