恋愛偏差値は関係ない

週に3回しか配信していないメルマガですが

書き続けるのは何気に辛い…

ブログ書きながらメルマガ配信している方ってすごいですね。

本当にすごい!

恋愛偏差値とは

自分の思い通りに恋愛をする事ができる能力のこと

らしいです。

結局、

片思いが成就するしないということでしょうか?

恋愛の主導権を自分が握るということでしょうか?

ワタクシはよくわかっておりません。

正直に申し上げますと

自分の恋愛に関しては、片思いが成就しようがしまいがどうでも良いと思っていました。

恋愛の主導権がどうとか興味がありません。

どっちでも良いんじゃない?

という感じです。

ということは

ワタクシは恋愛偏差値問題外ということになりますでしょうか?

それでも

幸せな結婚をし、15年以上幸せを継続しています。

だから

恋愛偏差値が高い=幸せな恋愛・結婚

が必ずしも成り立つわけではない。と言えませんか?

どうしたら片思いが成就するか?

それは相手次第です。

恋愛は一人ではできません。

自分にとって彼が好みの相手で運命の人と思うのは自由ですが

彼にとっても自分が好みの女性か?

彼にとっても自分が運命の女性なのか?

という視点をお忘れになりませんように。

そういうことを頭の片隅に入れておくと、振られてもそれほどダメージを受けません。

大切なのは

自分が彼を運命の人だと思った。

そう思えるほど好きになった。

そのことが素晴らしいのです。

相手にも運命の女性と思ってもらえたらもっと嬉しい。

ですが それはオマケです。

愛されることに価値を置くと、愛されなかった時に自分を否定したくなります。

不幸スパイラルの入り口です!回避してください。 逃っげろ〜!ですよー

重要なのは

いかに愛することができたか?

相手に愛を与えられたか? ですよー。

恋愛偏差値問題外なワタクシが

幸せな恋愛・結婚ができたのは

愛されることに価値を置かなかった。

自分が相手を愛することに価値を置いたから。

かもしれないなー

と最近思うので書いてみました。

Follow me!

トップへ戻る